カーボンニュートラルを実現するために

世界共通の取り組みであるSDGs(持続可能な開発目標)の達成、及び日本政府が2050年にカーボンニュートラルを目指すと宣言したことが相まって、再生可能エネルギーの導入に動き出す企業が増えてきています。再生可能エネルギー発電設備の中でも、太陽光発電システムは、小規模・短期間で導入可能なCO2排出量を削減できる最も費用対効果の高い発電設備です。
アルテック新電力は、企業の課題解決および持続可能な社会の実現のために、この太陽の恵みを有効活用して皆様に貢献していきます。

アルテック新電力のPPAモデル導入サービス

PPAモデル導入によるお客様のメリット

お客様が保有する工場や倉庫の施設の屋根に太陽光発電システムを導入し、初期費用(システムの導入に関する施工関連費用:設計費用、工事費用、機器費用、技術費用等)や資産の所有・メンテナンスの負担もなく、電力コストの削減と再生可能エネルギーの使用によるCO2削減が可能となり、お客様の環境経営(RE100、SDGs)を後押しをいたします。

アルテックグループ 中国工場設置事例

太陽光パネル15,000枚
パネル単体面積1m*2m=2㎡/枚
設置総面積約37,500㎡(15000*2/0.8=37,500㎡)
総電力6メガワット

太陽光発電Q&A

太陽光発電の長所や設置条件など、初めて太陽光発電に挑戦する方はここからご覧ください!疑問点についてお答えします。

2015年に国連で採択された、持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、世界中のすべての人々が豊かで平和に暮らし続けられる社会のために国際社会が積極的に解決しなければならない経済、社会、環境の課題を17の目標と169のターゲットに定め、2030年までの達成を目指す世界規模の取り組みです。